アクシデントに備える期間工

category

contents

期間工として働くのに必要な条件

» more detail

アクシデントに備える期間工

» more detail

期間工で保証される福利厚生とは

» more detail

期間工でもらえる給料はどれくらいか

» more detail

寮が無料で利用できる

アルバイトやパートは正社員とは違い、福利厚生がそれほどしっかりしていません。ですが、会社で短期だ働く期間工は福利厚生の面でかなりのメリットがあります。もちろん会社によって条件が異なりますが、ここでは期間工が受ける事のできる福利厚生について簡単にまとめてみました。まず、健康保険です。大手のメーカーでは季節工に対しても加入を義務付けている所が多いです。
工場内でのケガは基本手に労災で保証されますが、普段の生活でのアクシデントにも備える事ができます。さらに、健康診断なども実施しているところがあり、期間工として働いている間に受けられるかどうかをチェックしておくといいでしょう。次に、厚生年金保険です。給料から天引きされるものの、普段月に2万円近くの国民年金を払っている人にとってはありがたいです。また、メーカーによっては寮が完全無料というものもあります。
ですが、労働待遇がきなり厳しい場合やかなり田舎での工場での勤務になる場合が多く、詳細を確かめておく必要があります。さらに、有給休暇や食事代、交通費を支給してくれるところもあります。こう見てみるとほぼ正社員と変わらない待遇になります。季節工から正社員に雇用される場合もあるので、使用期間と考えて数か月あるいは半年ほど働いてみるのもいいかもしれません。

期間工は健康で体力がある事が大事な仕事

期間工は数か月間や半年だけの勤務で、わりとたくさんの給料を手に入れる事ができますし、福利厚生もしっかりしています。では、大勢の人が期間工で働きそうなものですが、投げ出す人も多いようです。では、期間工として働くために必要な条件とは何なのでしょうか?一つ目は健康で体力がある事です。期間工の面接の時に聞かれる質問で多いのが「労働時間が長くてすこしきついが大丈夫か」という質問です。
事実期間工に求められているのは体力です。比較的簡単な作業を、素早くできるだけ多くこなす事が求められています。体力が季節工の第一条件です。二つ目は、環境への適応能力です。季節工として働く日から、全く違う環境であった事もない人と毎日一緒に仕事をする事になります。アルバイトと違い一日中です。環境が変わるのが苦手な人や新しい人間関係が築くのが苦手な人は、いくら仕事が肌に合っていたとしても続けるのがむずかしいでしょう。
三つ目に、忍耐強い事です。労働環境が自分の期待していたものではなかったり、同僚が苦手な人だったとしても耐えなければなりません。期間工の面接で「期間工を辞めた事があるか」という質問もある場合が多く、以前耐えきれず辞めた事がある人は雇われない可能性も高いとのコメントもあるほどです。上記の条件を見てクリアできているなら、一度面接を受けてみるのはいかがでしょうか?

menu

2017年07月27日
期間工でもらえる給料はどれくらいかを更新しました。
2017年07月27日
期間工として働くのに必要な条件を更新しました。
2017年07月27日
期間工で保証される福利厚生とはを更新しました。
2017年07月27日
アクシデントに備える期間工を更新しました。

Copyright(C)2017 期間工で働く環境にはメリットが多い All Rights Reserved.